サポート

お問い合わせ
ホーム > SecurePremium > 時代の要請

情報漏えい対策

外部メールサーバにより、強力な情報漏えい対策を実現

市場の要請 〜IT内部統制の確立〜

日本版SOX法への対応を控え、ますます企業の重要書類として位置付けられる電子メールは、一方で仕事に欠かすことのできない情報インフラです。「社員が便利に利用できること」と「コンプライアンス・情報漏えい対策が達成されること」を両立し、 IT内部統制を確立されることが強く求められています。しかし、これらの要請を満たすメールシステムを社内で構築・運営するコストは大幅に上昇。最新の技術を、安価に安全に提供できるメールASPの要請はさらに高まっています。


電子メール廻りで想定される、各種のリスク

現在、意思決定の多くは電子メールによる情報交換に基づいて実施され、その意思決定事項もまた電子メールを通じて通達されることが増えています。それらの電子メールを起因とする情報漏えい事故があった場合には、調査・追跡・証拠としての保全が必要であり、未然に抑止するための監視の仕組みが不可欠なのです。



情報漏洩リスク(個人情報漏えい/機密情報漏えい)

  • 外部侵入のリスクだけでなく、内部からの情報漏えい対策が必要
  • 個人情報保護法、ISMS認証基準を考慮したセキュリティ対策の必要性

訴訟リスク(あらゆる訴訟行為)

  • 企業にまつわるPL法、個人情報保護法、株主代表訴訟等の訴訟リスクの増大

企業イメージ低下リスク(社会的信用の低下/不適切メールの配信)

  • 「A社へは暗号化」、「B社へは暗号化しない」などパスワードやルールも詳細に設定することができます。
業界標準のIMAPを用意
メールにおけるセキュリティ・インシデント

情報化社会における法制度・教育・罰則への対応や、それら電子メールにおける情報漏えい対策。そして、調査や監査、事後対応など、企業として情報管理やシステム運用に関する保安上の脅威(セキュリティインシデント) を整備することは容易ではありません。ウイルス感染や不正アクセス、情報漏えい、迷惑メール・・・。これら時代の要請に、CTCならではのメールASPサービス、「セキュアプレミアム」は安全性と利便性を両立し、これに対応。多彩な機能を省コストで提供しています。

セキュリティ・インシデント